民泊への用途変更は甘くない!?

民泊は簡易宿所でも、建築基準法上はあくまでホテル・旅館

いま流行りの民泊。
旅館業法上は、簡易宿所・旅館・ホテル・民宿などの分類がありますが、建築基準法上はホテル・旅館になります。
消防法上も同じくです。
旅館業法は、運営上の体制つまりソフト面を審査します。対して、建築基準法・消防法は建物の設備つまりハード面をチェックします。
初期費用という観点から見れば、当然ハード面の制約にたいしてコストがかかります。
先般、金沢市で民泊への用途変更物件のお手伝いをさせていただきましたが、初期投資の部分を詳細に検討しておくことの大切さを痛感しました。

民泊への用途変更手続きはお任せ下さい!