作文はスポーツの練習と同じ、量を積み重ねればあるとき質が変化する!

作文力

読書感想文です。

この本の目標は、400字詰原稿用紙5枚、つまり2000文字を書ける作文力を身につけること!

いますぐ書けちゃう作文力、齋藤孝

サブタイトルは、「子供たちと、むかし子どもだった大人たち、必読!」です。

最近、書く機会が増えてきたこともあり、本棚から引っ張り出したのがこの本。

ただこの本、買った覚えも読んだ覚えもなくて、なぜ本棚にあるのだろう。

そういえば、娘が夏休みの宿題の作文に困っているのをみて買ってあげたけど、作文の嫌いな娘には作文なんてどうでもよくて、見向きもされなかった本だったかということが思い出されました。

ということで、イラストを交えて子供が読みやすい文章になっています。

ただ、内容は「書けない」大人のわたしにもとても響きます。

作文はスポーツだ!

自転車

作文は「技」です。「技」を身につけると楽しくなります。

しっかりとした「技」を身につけるには、大量の反復練習が必要という面でスポーツと同じだということです。

わたし自身、おとなになってゴルフをするようになりましたが、これがまたなかなか身につきません。

上手くいくと楽しいのですが、「技」とよべるほど身についていないので、本番ではよく下手を打ちます。

楽しくなくなるのです。

で、また練習します。少しよくなります。繰り返し練習ですね。

氏は以前、「原稿用紙10枚を書く力」という大人向けの本を書いたことがあるそうですが、それって文字数にすると...

4000字!キツいですね。

いまのわたしには無理です。

どうすればよいか?

とにかくたくさん書く!これだけだそうです。

 

まさに、バットの素振り、ラケットの素振り、クラブの素振りですね。

まとめ

この本のなかでは、作文力をつけるための練習方法も分かりやすく書いてあります。

文章を、ひとつの形としてまとめあげるのにすごい労力が必要です。1000文字ですらなかなか書けません。

ただ、書き終わったあとは下手ながらも、脳に心地よい疲労感を感じます。

この本のなかで氏はこう言っています。

「書く力」を養えば、「考える力」もつくんです!